FC2ブログ

すぽったの備忘録。

最早メモ帳になってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【26780223】4日目の話。【1741】

また寒くなってふざけんな。
tarumi2.jpg
実はこの朝が225初乗車だったり。

tarumi1.jpg 
281の色はともかく、顔は結構好きです。

tarumi3.jpg 
敦賀も行きたい。

tarumi4.jpg 
けれど、今回はまたこっちに乗ります。流石に東海道だとクロスになるのはありがたい。

tarumi4-2.jpg 
米原発車時点でも雪がちらついてたんですが、

tarumi4-5.jpg 
1駅でこんなんなりました。

tarumi5.jpg 
久々の岐阜まで来てこいつに乗り換え。キハ25はLEDが片方だと思ってたんですが、あれ2次車以降なんですね。
最近の車両だけあって変速1・直結4の多段変速なので楽しみにしてたんですが、キハE130よりおとなしい音しててあれーと思いました。

tarumi6.jpg tarumi7.jpg 
美濃太田から越美南線へ。ナガラ500形の2両ですが、下り方1両は団体貸切でした。よくあるパターン。

tarumi8.jpg 
車内は混雑しててエンジン上で収録できず、仕方ないから後面展望。これで北濃まで行くのはしんどいけど、仕方ない…。

tarumi9.jpg 
美濃太田車両区には転車台があります。越美南線の線路は既にJRと繋がっておらず囲まれており、転車台への線路は飛騨高山方から繋がっている模様。

tarumi10.jpg 
トミカ富加で「ながら」の送り込みと交換。

tarumi11.jpg 
ほぼローソンじゃねえかと言うよりローソン関口駅
どうも2年前からこの形態になり、店内には待合室スペースもある様です。でも駅に行くには店舗を出る必要があるとか。

tarumi12.jpg 
関。かつては美濃町線も6年間だけ乗り入れていました。およそ10年前の記憶が甦ります…。

tarumi13.jpg 
また雪がちらついてきました。

tarumi14.jpg 
ところでこの普通列車、「ゆら~り眺めて清流列車」という肩書も持っていまして、

tarumi15.jpg 
減速運転する所が指定されています。別に橋を見ろって訳ではない。

tarumi16.jpg 
この駅止まった時、すごく花原市を思い出しました(山田線)。


tarumi17.jpg 
この辺りも何となく106号と並走する山田線ぽいし。

tarumi18.jpg tarumi19.jpg tarumi20.jpg tarumi21.jpg 
長良川に沿いつつ列車は走り、

tarumi22.jpg 
大矢に到着。美濃市と郡上八幡の間で唯一の停車場です。

ところで、隣に乗っていた運転士の制帽の中に置かれたリモコンっぽい物を見て思い出しました。
この路線は電子閉そく(特殊自動閉そく式電子符号照査式)なのだと。しかも数が少ない赤外線方式です。上毛線とか天浜線とかくらいしか無かったはず。
上写真の縦長箱が受光器で、発車前にリモコンポチっとな…すると閉そくと進路が設定されます。何てハイテク!(大いに疑問)
他の方式と機器の面で互換性が無いので、電子閉そくは保守が色々大変だそうな。今後消えて行くんでしょうね。さっき話に出した山田線も連査閉そく消えますし。

tarumi23.jpg tarumi24.jpg 
流石に立ちんぼで飽きてきたんですが、

tarumi25.jpg
これはアツい。Tunnel over the tunnel above the tunnel…?
この為に徐行してくれる長良川鉄道は分かってる(違う)。

tarumi26.jpg tarumi27.jpg tarumi28.jpg tarumi29.jpg 
さ、そろそろ郡上八幡です。

tarumi30.jpg 
4月に駅舎が復元されたばかりの郡上八幡駅。営業キロでは折り返し地点を過ぎており、時間的にも折り返しです。





「エーお客様に…ご案内致します…」

ん?

「エーこの先、郡上八幡から先の踏切におきまして、列車と自動車が接触したとのことで」

ヌッ(心停止)

tarumi31.jpg 
到着した時にさっさと前の車を切り離してたのでおかしいなと思っていたのですが、どうも先へは進めぬ模様。

tarumi32.jpg 
乗っていた車は既に美濃太田行きに変貌…。と言うのも、状況的に本来なら交換予定だった上り列車が事故ったぽいので、当然の処置なのです。

運「(あなたも)太田まで行くのでよろしいですか?」
ワイ「(北濃まで再開するの)時間掛かりそうですよね?」
運「ちょっと今だと…時間判らないですねえ」
ワイ「もうこの列車すぐ出しますか?」
運「はい」
ワイ「太田に引き返します(即答)(若干嬉しそう)(クチャクチャ)(アディダス)(コーナーで差をつけろ)」

若干の脚色が含まれます。

tarumi33.jpg 
ということで郡上八幡以北は今回お預け。残念無念また来年来れるかは知らん。

ちなみに郡上八幡出るの2番線だったので、通常の閉そく扱い(リモコンポチー)じゃなかった筈なんですが、良く見てませんでした。
駅員が「じゃもう出すね?2番から出すのね!?」とか運転士と話してたと思うので、恐らく指令に連絡入れて閉そくしたんでしょう。まさか駅扱いやってないと思うけど…。



実際の閉そく扱いはこちら。

tarumi33-5.jpg 
駅舎が温泉施設になっているみなみ子宝温泉。待ち時間の信号機が設置されている点もほっとゆだに似ていますね。
どうでも良いけど、3現示の信号機があるのって越美南線だとここだけじゃね?






10分近く遅延してたので、運転士は明らかに巻きの回復運転をしていました。
ワンマン運転なので運賃収受や案内放送等、旅客対応もしなければならず本当に大変だな……と。
途中の駅で(明らかに乗り方知らなさそうな)若い女子数人の客が降りるのに手間取ってた時は、運転士より乗客の方がキレそうになってましたけど。
地方交通線の一面をまた垣間見られたような。

tarumi34.jpg 
美濃太田で高山方面の列車が接続待ちしてる(結局9分延着)ので、駅員が怒涛の如き乗換案内をしていました。
が、こちらはそれを横目に岐阜方面へ戻ります。今度は東海が誇るハイパー気動車キハ75でした。

tarumi35.jpg 
かつては名鉄との連絡線もあった鵜沼駅。新鵜沼駅は目と鼻の先です。
連絡線は「北アルプス」の廃止後撤去されています。

キハ75はカーテン付きで快適でした。1両あたり700PSなので、加速もキハ25よりやはり良いですね。この線区で走らせてるの勿体無いと思うくらい。勾配線区だし丁度良いのかも知れませんけど。
え?キハ100もカーテン付きだって?

tarumi36.jpg 
岐阜まで戻ってきました。これぞ東海という絵面…? そう言えばキハ85もいずれ居なくなりますね。
折り返しがめっちゃ速かった…。

tarumi37.jpg 
311は当駅止め。この車の走りは好きです、走りは。

tarumi38.jpg 
乗り心地の良い313で大垣まで戻ってきました。本当にセミアクティブダンパ最高。

tarumi39.jpg 
大垣駅、確か聲の形の聖地でしたよね。観た時は知らなかったけど。

tarumi40.jpg 
駅ビルのエレベータでこんなもの見つけて一人喜んでる怪しいおっさんやってました。

tarumi40-5.jpg 
コンコース寒かった…。

tarumi41.jpg 
樽見鉄道のきっぷうりばは切り欠きの6番線先端にあります。
ここで1日フリー乗車券を入手しますが、お値段1,000円(数量限定の半額)。
買う時思わず「あ、まだやってたんですか…」と言ってしまいました…。

tarumi42.jpg 
やって来たのはハイモ295。残念ながらハイモ230-313ではありませんでした(朝並走した)

tarumi43.jpg 
カバーが可愛い。車内はクリスマスっぽい装飾がされており、いかにも地方線ぽい車内でした(謎)。

tarumi44.jpg 
乗った列車は樽見行きなのですが、Yahoo!時刻表に書いてある通り本巣で車交します。乗り換え客は暖かい車内で待ち合わせ。
かつて貨物駅だっただけあり、構内は広いです。

tarumi45.jpg 
なんと車交相手はハイモ295-617。元ミキ300-105で、ミキ300形で最も新しい車です。
ミキ300って茨城、山形、岐阜に散っていたんですねえ…。

tarumi46.jpg 
導入後数年は三木時代の塗装でしたが、今では全面広告車となりすっかり地元に染まりました。
実は樽見線で唯一クロスシートだったりします。これはラッキー。

tarumi47.jpg 
雪がちらつく中、本巣を出発。

tarumi48.jpg 
住友大阪セメントの工場がとても良く目立ちます。

tarumi49.jpg tarumi50.jpg 
織部からは根尾川との距離が近くなり、段々と山間部へ。

tarumi51.jpg tarumi52.jpg 
谷汲口にはオハフ502が保存されていました。樽見線転換と同時に入線した生え抜きだそうです。
ラッシュ運用を後継の客車に譲って引退しましたが、それらが揃いも揃って解体された為今ではこの車両しか残っていません。
ほぼ放置状態ですが、いつまで持つことやら…。

そう言えば谷汲駅までは徒歩45分程度。歩いて行けない距離ではないですね。

tarumi53.jpg 
雪の量も段々と多くなります。

tarumi54.jpg 
日が当たらなさそうな日当駅。

tarumi55.jpg 
この辺りまで来るとトンネルが多くなってきます。

tarumi56.jpg 
あっあれは…。

tarumi57.jpg 
樽見の一つ手前、水鳥駅近くには根尾谷断層が走っており、地震断層観察館・体験館があります。
神海から樽見までの延伸工事を開始したのが昭和45年だそうですが、樽見まで開通したのは平成元年。
断層の保存云々でもめたようで、この断層に当たらなければもっとスムーズに事は進んでいたかも知れません。

tarumi58.jpg 
水鳥で他の乗客が降りてしまい、車内には運転士と私の2人だけに…。

tarumi59.jpg 
最後はまさかのトンネル内場内警戒。アツい…。

tarumi61.jpg 
樽見到着。降り立ったのは私だけ。そして寒い。

tarumi60.jpg 
上り方はすぐトンネルになっています。

tarumi62.jpg 
非常にローカル線の終着駅っぽい印象を受けました。

tarumi63.jpg 
全線開通記念碑と宮脇留之助翁の銅像。この宮脇翁は樽見線の誘致に深く携わったそうで、本当に地元に尽くしたんだなといった経歴でした。
ところで樽見線って元は越美北線の大野まで伸ばす予定だったんですね。今の国道157号線のルートなんでしょうが、まず乗る人間が居なさそう…(笑)。

tarumi64.jpg 
駅全体。駅舎は10年前に全焼した為建て直されたものです。
この広場は元々上大須ダムの資材輸送に使われた側線でした。
春には淡墨桜の見物客で賑わうそうな。

tarumi68.jpg 
観光案内マップにも上大須ダム…と言うより奥美濃発電所(揚水)が描かれています。ここから約17km先、車で1時間弱掛かります。
奥美濃発電所の上部ダムは川浦ダムで、これは立ち入りが出来ず幻のダムとか言われています。

tarumi66.jpg 
折り返し時間が近づくにつれ、人がちらほら集まって来ました。待合室の中は暖房が効いておりとても暖かったです。

tarumi65.jpg 
そして何故か全部違う立小便器。

tarumi67.jpg 
下り方は機回し線があり、その先で終端となります。転てつ器は定位を示していますが、場内警戒になっている所を見ると鎖錠されている訳ではないのでしょうか?

tarumi69.jpg 
出発番線の指示用?

tarumi70.jpg 
本当に寒くなってきたので車内へ退散。20分余りの滞在でした。

tarumi71.jpg 
いつの間にか東京都だった。

tarumi72.jpg 
読みにくい鍋原。この辺りの駅は大体掘割とかで、人気もあまりありませんでした。

tarumi73.jpg 
ログハウス風待合室が良い雰囲気の高科。

tarumi74.jpg 
国鉄樽見線の終点だった神海。
明らかに電子閉そくの受光器があるんですが、これ何なんでしょうね。軌道回路検知式だったと思うのですが。

tarumi75.jpg 
バンザイ鉄塔見たり、

tarumi76.jpg 
セメント工場見たり、

tarumi77.jpg 
駅前のビニールハウス見たりしながら、

tarumi78.jpg 
大垣到着。

tarumi79.jpg 
大垣は降車時に降車証明書を配られます。樽見鉄道だけど券面はやはりJR…。



この日はこれでおしまい。

tarumi101.jpg 
東京へ帰る日。この日もたまたま701Fに当たりました。
座って気付いたんですが、よく見ると右は転換されきらないまま固定されて座面が狭くなっています。明らかにハズレ席。
どうも固定席はだいたいこうなっている様です…。

tarumi102.jpg 
佐和山トンネルを越えて鳥居本。

tarumi103.jpg 
今度は撮りに来たい近江でした。

tarumi104.jpg 
名古屋でのぞみに乗り換え。このホーム、数日前まで例の重大インシデント車両が留置されていたホームです。
この日は何事もなくN700が入線。

tarumi105.jpg
相変わらず残る公衆電話…。

tarumi106.jpg tarumi107.jpg 
三島通過だと思ったら浜松だった事に絶望し、熱海通過に歓喜しながらも爆睡して東京到着。

翌朝平常通り出勤したのでした。ほんとつら。

おわり。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/23(金) 06:00:00|
  2. 【写真】撮影記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【26780304】だいき。【1742】 | ホーム | 【26780110】3日目の話。【1740】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tm64hd3frahb2000ca.blog101.fc2.com/tb.php/1772-d8bd4639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Powered By FC2 BLOG

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理人紹介

すぽった

Author:すぽった
鉄道・ダム・写真など好きな人間。
広く浅いにわか。


↓運用記録注意事項↓
備忘録です。
・原則上り方から編成表記しますが、H23/11/01以前は進行方向順に編成表記しています。但し野田線のみ当初から伊勢崎線基準で記載しています。
・F表記がそぐわない場合(阪急等)でもF表記している場合があります。
・記載内容についての、鉄道会社・関係各所へのお問合せ・他ウェブサイトへの書き込みなどはお断りいたします。
当ブログ内容の無断転載はご遠慮ください。
記事内容は予告無く変更・削除される場合があります。
公序良俗に反するコメント・トラックバック等はご遠慮願います。
当ブログの内容が原因で貴方が何らかの損害や被害などを受けた場合でも、管理人はその責を負いかねます。

管理人の戯言

@rdsptr からのツイート

メール

管理人へのご意見・ご感想などはこちらからお願いいたします。

名前(必須):
ご自分のメールアドレス(必須):
件名:
本文(必須):

ご連絡もこちらからどうぞ。

RSS

検索フォーム

月別アーカイブ

記事カテゴリ

【日記】備忘録 (462)
【写真】撮影記録 (117)
【鉄道】運用記録 (815)
【鉄道】諸々の話題 (119)
【鉄道】車両の話題 (78)
【鉄道】路線の話題 (30)
【鉄道】鉄道写真 (34)
【水ダ】諸々の話題 (9)
【写真】諸々の話題 (55)
【連絡】その他・お知らせ (27)

最新コメント

最新トラックバック

只今の閲覧数

現在の閲覧者数:

累計閲覧数

お乗換え

リンクはこちらからどうぞ。 別ウィンドウ(タブ)で開きます。

このブログをリンクに追加する

QRコード

携帯版がご覧になりたい方はこちらから。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。