FC2ブログ

すぽったの備忘録。

最早メモ帳になってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【26780110】3日目の話。【1740】

一般参賀の後、風邪ひいてました。
hikone302.jpg 
おはようございます。また八日市です。

hikone303.jpg 
いえ、別に八日市に来たくて来たわけじゃないんですがね。

hikone301.jpg 
お、ライオンズカラーのバス…。

八日市線に乗っていなかった為、乗り潰しで来ました。

hikone304.jpg 
やったぜ。投稿者:変態鉄土方

いやはや、700凄いですね。
外観はともかく、座席は185系の黒歴史転換クロス、ドアはそのままですがドアエンジン替えてありますからね。あのドアがスーッと開閉するの本当に笑う。
元が↓こいつと同じ車体だとはとても思えません。
R8-img22.jpg 

hikone306.jpg 
でもマスコンはそのまま。

hikone305.jpg
 
近江八幡到着。折り返し高宮行きになります。

hikone307.jpg 
これ全部同じ車。

hikone308.jpg 
高宮で多賀大社前からのこれに乗り換え。何気にどっちの形式も1編成しかいないんですよね…。

hikone309.jpg hikone310.jpg 
彦根駅構内。
220形って一部は解体されたかと思ってたら、全車残されてるんですね。

hikone311.jpg 
今回のお目当てはこいつらです。

hikone312.jpg 
近江鉄道ミュージアムに保存中の機関車が順次解体されるとの事で、一般公開されました。

ちなみに整理券制でED31の気笛吹鳴・ブレーキ操作体験ができたのですが、あっという間に無くなってました。

hikone312-2.jpg
目やら眉にHMも付いてアレですが、近江鉄道500形。今では保育園の遊び場と化している様です。
この車両も吊り掛け駆動だけど自動空気から電気指令式に改造されたという、どっかの220みたいな…。

hikone313.jpg hikone314.jpg hikone315.jpg hikone317.jpg 
ED14。GE製の輸入電機で、東京・甲府・豊橋・作並(とちょっとだけ西武)を転線しました。4号機のみ国鉄色に戻されています。
近江では、まさかの軸重制限で高宮以南に入れなかったという曰く付き…。運用的には問題なかったのかも知れませんが。
石灰石・石油輸送に従事しました。

hikone318.jpg hikone316.jpg 
ED31。伊那松島に配置され、30年に渡り飯田線で活躍しました。
全6両の内1~5号機が近江に来ましたが、6号機のみ上信に渡って魔改造を受けました。
ED313はパンタが架線に付かずに上昇していました。


ED314は隣に止まっているモハ310からエアホースを繋いでいました(電源も供給?)。

hikone319.jpg 
ロコ1101。阪和線の前身・阪和電気鉄道出身の入換機です。
何とこの機関車直接制御。確認しておきますが1500V車です。
どうも天王寺駅構内の連絡線で使用されていたらしく、直接制御じゃないと入換がきついからそうしたとの事ですが。
絶縁大変じゃないんでしょうか。

ところでこの車の台車、板台枠だそうですが完全に撮るの忘れました…。

hikone320.jpg 
構内に展示されていた車両(あるいは機械)で最も気に入ったのが実はこれ。
モ245。富士重工製のTMC200A形モータカーです。絶縁の2文字が良い雰囲気。

hikone321.jpg hikone322.jpg 
他の人も言っていたのですが、本当にちまっこくて可愛いです。5000兆円さえあれば本当にうちに置きたい。

hikone323.jpg 


ロコ1101との比較。今となってはロコ1101も機械扱いですので。

hikone324.jpg 
モハ221。もう言わずと知れた(中身的な意味で)バケモノ電車。制御器は電空カム軸式のCS5です。
モハ221のみ貫通扉下に窪みがあるのが特徴です。また工臨などの牽引車として使用された為、ジャンパ線が追加されています。

この日は電機の展示に伴って移動してきたとか?

hikone325.jpg hikone325-2.jpg 
レール輸送用車、チ10形。なんと空気ばね台車(FS40)を履いています。
車体は505Fの成れの果てらしいですが。

hikone326.jpg 
クハ1309。この車はいつまで留置なのか?

さて、解体になるED31形はこのフェンス越しの彦根駅構内へ入らなければなりません。
構内30名の入場制限を行っていました。

hikone327.jpg 
800系の前面。予備品か何かでしょうか?

hikone328.jpg 
クモハ291。明らかに部品取り車ですね。ライトも片方剥がされ見るも無残な状態。
奥には落雷で故障したという801F。既に除籍されていた様です。

後日、この3両はED31と共に年内に解体された模様です。

hikone329.jpg 
100形。101系が種車ですが、900形と異なり電気指令式ブレーキに改造されていません。
103Fはスカートがありません。表示は地酒電車。

hikone330.jpg 
見渡す限り、元西武車しかいませんね。

hikone331.jpg hikone332.jpg hikone334.jpg 
年内の解体が宣告されていたED311、312、315の3両。
ずっと放置されてきた為、ED315に至っては屋根が剥がれて痛々しい状態です。

これらの3両は事前告知通り、12月末に解体されています。

hikone333-2.jpg 
ED31はこのDT10形台車なんですが、

hikone334-2.jpg 
ED315だけはKS33L形台車を履いています。何で?





hikone331-2.jpg hikone331-3.jpg 
300系の側面に貼られた解説。他にもナンバーの解説とかありました。
ウランガラスってあったんですねえ。知りませんでした…。

hikone335.jpg 
奥から出て来た900形。あちらは電気指令式ブレーキに改造されています。
100形が改造されなかったのは…やっぱコスト面?

構内に30名しか入れずあまり留まっていると白い目で見られる為、そろそろ退出する事にします。

hikone336.jpg 
側面に苔生えてました…。

hikone337.jpg 




これらの機関車も近い内に解体されるのでしょう。1形式1両は残すのかな?

資料館内はタブレット閉塞器とかありますが、流石に動かなかったです。
一見の価値はありますね。

hikone338.jpg 
上から見ると本当に模型レイアウトの一角の様な感じですね。

さて、目的は達成したのでついでに彦根城へも行ってみます。

hikone339.jpg 
外堀跡にて。

hikone340.jpg 
いろは松を過ぎ、二の丸の方から入って行きます。

hikone341.jpg 
表門橋。琵琶湖八景の碑が立っています。

ところで橋の向こう右側に石垣が斜めに登って行っているのがありますが、あれが登り石垣です。
朝鮮出兵時に採り入れられた手法で、国内では松山城と彦根城にのみ状態の良いものが残っているそうです。

橋のこちら側にもおっ、と思った物があるのですが、それは後で写真を撮ることにしてまずは中へ。
入城券は博物館とのセット有無などが選べるのですが、今回は博物館セットを選びました。
この判断が合ってたのか間違ってたのか…。

hikone342.jpg 
表門山道を登って行きます。「わざと疲れやすい様になっています」と看板が教えてくれる通り、実際疲れます。
段の幅や高さをランダムにしているそうな。まあ、軍事施設ですからねえ。

hikone343.jpg 
天秤櫓が見えてきました。

hikone344.jpg 
ループ構造で登らなければならない訳で。

hikone345.jpg 
当然、有事にはこの橋は落とされます。登って来れたとしてもここで大体死にそうじゃないかな。
石だの鉄砲だのはまだ可愛いもんで、熱湯だの高温の油だの融けた金属だの浴びせられたらたまったもんじゃない。火傷が一番辛いですからね。
幸い、この城は廃城まで有事になることはありませんでした。

hikone346.jpg 
鐘の丸跡。城下に響かなかったって何じゃそりゃ。

hikone347.jpg 
落し橋を渡り表門へ。

hikone348.jpg 
佐和山がこちらを見ている…。

hikone349.jpg 


ちなみに天秤櫓の中も公開してました。

hikone350.jpg 
登って来られても撃ち放題。

hikone351.jpg 
天秤櫓から更に階段を登って太鼓門へ。ここを左折すればいよいよ天守閣です。

hikone352.jpg 
いやー天守閣でか……小さくね?

hikone353.jpg 


やっぱ小さいと思う。
おかしいな、写真で見たのはもっと威容があったと思うんだけど…。

ともかくまずは上へ昇ります。

hikone354.jpg hikone355.jpg 
西には琵琶湖、東には御池岳?

hikone356.jpg 
例によって階段は急です。

降りて西の丸の方へ。

hikone357.jpg 
あ、そうそう。これですよこれ。逆側だったんですね。

hikone358.jpg 
西の丸。後ろはもう琵琶湖が見えてます。

hikone359.jpg 
二の丸から天守閣を望む。

hikone360.jpg 
今度は琵琶湖も行ってみたいですねえ。

hikone361.jpg 
天守閣背後の漆喰、どうも3年前の台風で剥がれてしまった様子。

hikone362.jpg 
これも撮っている人が多かった石垣。貴重なもの?

hikone363.jpg 
黒門橋を渡ります。

hikone364.jpg 


堀には白鳥がいます。この白鳥は水戸市との親善都市締結の際にも贈られたとか。

hikone365.jpg 
楽々園。焼肉屋みたいな名前ですがこれから入る玄宮園と共に国の名勝となっています。ここが井伊直弼生誕の地です。


hikone366.jpg 
続いて玄宮園。鳳翔台と八景亭。どこぞのお艦の台ではない。曇天なのがやや残念。

hikone367.jpg 
わざわざ天守閣まで登らずとも、むしろこっちの方が眺めは良いと思います。

hikone368.jpg 
雪が降り積もればまた景色も異なることでしょう。

hikone369.jpg 
駐車場から少し入った所に井伊大老像。言いたい老像。

hikone370.jpg 
彦根城博物館の入口にひこにゃんが居ました。相変わらずの人気ぶり。

hikone372.jpg 
彦根城博物館にあったこれ。直虎さん、完全に後付けじゃないですか…。まあ井伊谷の頃の話だしね、仕方ないね。

hikone373.jpg 
博物館内は色々見るべき物沢山あるんですが、如何せん時間が時間だったので超速足で観なければならず残念。
これ渡良瀬遊水地に似てませんか。

hikone371.jpg 
危うく撮り忘れて帰る所だったけど表門橋の袂にあるのがこれ。現代的ポストの上に城の模型がポン置きされてます。しかも意外と精巧
築城390年にちなみ設置と書かれていますが、激しくシュールです。
横にいたおばあちゃんがこれ撮りに戻ってる自分を見てアレな目で見てた。

hikone374.jpg 
これ近江鉄道の所属じゃないですかね。

昼飯は土産屋の近江牛コロッケで済ませました。普通のコロッケとあまり変わらない味でした…。

hikone375.jpg 
奈良線多賀線で多賀大社前へ。

hikone376.jpg 
駅前にもう鳥居が立っています。

hikone377.jpg 
かつてお多賀さんとして多くの参詣客があった多賀大社。表参道には古いままの建物がちらほら。

hikone378.jpg 



村山たかは一応諜報員と言って差し支えないんでしょうかね。自分は知りませんでした。
三条河原に斬首されないままで晒されたそうですが、むしろ生きて晒されてる方が辛そう。息子は代わりに殺されてるそうです。

hikone379.jpg 
多賀は糸切餅が有名らしいのですが、結局買いはせず。日持ちしませんしね。
でも雪の残る屋根に湯気が出ているのは良い画です。

hikone380.jpg 


陽が出ている内にお参りします。

hikone381.jpg hikone382.jpg 
うーん、力及ばず申し訳ない。
この神社はイザナギ・イザナミを祀っています。伊勢はアマテラスでその親神だからお伊勢参らばお多賀へ参れなんですね。

…が、どうも由緒的には淡路市多賀にある伊弉諾神宮の方が正しい様子。
こちらの多賀大社は淡路が淡海(近江)と誤字した為に両神を祀ったとか何とか……。

hikone383.jpg 
境内の西端には式内日向神社があり、こちらはニニギノミコトを祀っています。

hikone384.jpg 
神門の手前に太鼓橋。この橋は秀吉が寄進した(この橋ではない)事にちなんで太閤橋とも呼ばれるそうで。結構怖い。

hikone385.jpg 
そんな多賀大社でした。

hikone386.jpg 
ライオンズカラーのポンチョいいな…。

hikone387.jpg 
伊藤園によって色までジャックされた800系。

hikone388.jpg 
この車両が日中の多賀線を往復していました。

hikone389.jpg 
多賀線には中間駅があるのですが、その名もスクリーン。SCREEN株式会社の目の前にあり、駅舎の目の前は守衛所です。

hikone390.jpg 
彦根で時間調整。

hikone391.jpg 
佐和山をトンネルで抜け、米原に到着。これで近江鉄道完乗です。
改札口はもう閉まる所だったのですが、初老の駅員さんに無理言って入場券とカレンダーをゲット。本当にありがとうございました。

hikone392.jpg 
まだ時間があったので、それぞれの列車が落ち合う八日市まで乗車。

hikone393.jpg 
高宮の3000系を見て終わりました。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/10(水) 01:01:01|
  2. 【写真】撮影記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【26780223】4日目の話。【1741】 | ホーム | 【26780103】2日目の話。【1739】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tm64hd3frahb2000ca.blog101.fc2.com/tb.php/1771-9fe53534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Powered By FC2 BLOG

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理人紹介

すぽった

Author:すぽった
鉄道・ダム・写真など好きな人間(♂、ノンケ)。
広く浅いにわか。


↓運用記録注意事項↓
備忘録です。
・原則上り方から編成表記しますが、H23/11/01以前は進行方向順に編成表記しています。但し野田線のみ当初から伊勢崎線基準で記載しています。
・F表記がそぐわない場合(阪急等)でもF表記している場合があります。
・記載内容についての、鉄道会社・関係各所へのお問合せ・他ウェブサイトへの書き込みなどはお断りいたします。
当ブログ内容の無断転載はご遠慮ください。
記事内容は予告無く変更・削除される場合があります。
公序良俗に反するコメント・トラックバック等はご遠慮願います。
当ブログの内容が原因で貴方が何らかの損害や被害などを受けた場合でも、管理人はその責を負いかねます。

管理人の戯言

@rdsptr からのツイート

メール

管理人へのご意見・ご感想などはこちらからお願いいたします。

名前(必須):
ご自分のメールアドレス(必須):
件名:
本文(必須):

ご連絡もこちらからどうぞ。

RSS

検索フォーム

月別アーカイブ

記事カテゴリ

【日記】備忘録 (462)
【写真】撮影記録 (117)
【鉄道】運用記録 (815)
【鉄道】諸々の話題 (119)
【鉄道】車両の話題 (78)
【鉄道】路線の話題 (30)
【鉄道】鉄道写真 (34)
【水ダ】諸々の話題 (9)
【写真】諸々の話題 (55)
【企画】大晦日&元日 (0)
【記念】記事番号 (0)
【連絡】その他・お知らせ (27)

最新コメント

最新トラックバック

只今の閲覧数

現在の閲覧者数:

累計閲覧数

お乗換え

リンクはこちらからどうぞ。 別ウィンドウ(タブ)で開きます。

このブログをリンクに追加する

QRコード

携帯版がご覧になりたい方はこちらから。

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。